TOP富士の湧水 > Q&A

Q&A

湧水

  Q . 「富士の湧水は」なせ美味しいの?

  A . 古来.富士山の地下水は美味しい水といわれてきました。これを科学的に分析する一つの指標があります。それはカルシウムとマグネシウムの成分比率。比率が3:1だと、美味しさを感じる最高のバランスといわれています。「富士の湧水」は、このバランスがちょうど「3:1」で、まさに理想のお水といえるのです。

 

  Q . 他の水とどう違うの?

  A . 「富士の湧水」は硬度25の軟水で、非加熱ボトリングしているため、すっきりとしたのどこしとまろやかな口当たりが特徴です。また、バナジウムがたくさん含まれている、希少な価値のあるミネラルウォーターです。また、富士山によって育まれた数多くの希少ミネラルが含まれ、人間の力では出せない独特の美味しさがあります。

 

  Q . バナジウムってなに?

  A . バナジウムとは、カルシウムや鉄分などと同じようなミネラルの一種で、人体にもごく微量に含まれています。富士山を覆う玄武岩はバナジウム含有量が非常に高い岩石で富士山に積もった雪が数十年の永い年月をかけて玄武岩層を通り地中深くしみ込むことにより、バナジウムを豊富に含んだ磨かれた水となります。

 

  Q . 軟水と硬水ってなにが違うのですか?

  A . 「硬度」とはミネラルウォーターの性質を表す指標で、カルシウムとマグネシウムの含まれている量を表します。多いと硬度が高くなり「硬水」、すくないと「軟水」です。富士の湧水は硬度24の軟水です。軟水は日本の風土に伝統的に合ったもので、口当たりがよい飲みやすい水です。

 

  Q . 「Ph(ペーハー)値」ってなに?

  A . ペーハーとは、そのものが「酸性」か「アルカリ性」かどうかを示す指標で、「7.0」が中性になります。富士の湧水はペーハー値7.9の弱アルカリ性です。

 

  Q . ミネラルウォーターとはなんですか?

  A . 水には大きく分けて4種類あります。
            そのうちの1つがナチュラルミネラルウォーターです。
品 名 原 水 処理方法

ナチュラルミネラルウォーター

特定水源より採取された地下水のうち、ミネラルが溶け込んだもの。

ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理を行っていない

ナチュラルウォーター

 特定水源より採取された地下水。

 ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理を行っていない

ミネラルウォーター

 特定水源より採取された地下水のうち、
ミネラルが溶け込んだもの。

 ろ過・沈殿・加熱殺菌以外に、複数の原水を混合および、ミネラル分を微調整したもの。

ボトルウォーター  特定水源より採取された地下水のうち、ミネラルが溶け込んだもの。または原水が純水、蒸留水、水道水などを使用している。  ろ過・沈殿・加熱殺菌以外に、原水の本来の成分を大きく変化させる処理を行ったもの。

 

TOP新着情報会社概要経営理念拠点案内石油LPガス富士の湧水ガソリンスタンド車検レンタカー電装品保険太陽光発電さぬきくらげ関連リンクお問い合わせサイトマップ地域情報プライバシーポリシー